モビット 審査

審査結果が出るまでが速いモビットの特長とお試しとの違い

カードローンの審査ではどのような結果が出るのか、その速さも気になるところです。モビットの場合は審査結果が出るまでに最短で10秒ほど、これはスピードは他社と比べて速いものです。このモビットの審査結果は融資の可否と利用限度額を決めるものです。お試し診断と違い、審査にしっかり入っていますので、信用情報機関への同意の上で登録されます。信用情報機関に登録と照会される段階では本審査となりますが、途中経過として仮の結果をみることもできます。モビットではこうした審査結果を受けて入会の手続きとなります。もう、この時点で利用できる金額と可否も出ており、承諾の上で次に進むことになります。モビットの魅力は入力に必要な項目が少なく、先のように結果までのスピードが速い点です。手軽さと速さゆえにお試し診断のようにみえますが、すでに申し込みと与信段階であり、信用調査も行われていますので、その点は申し込みブラックとならないように内容を吟味することが大事です。借入の審査に絶対通過したいという人は⇒お金借りるRoad【即日融資を成功させるコツ2016最新情報】を参考にしてみて!

モビットの残高スライドの仕組みとおすすめの返し方

モビットの返済方式は借入後の残高を基準にした残高スライド元利定額方式です。つまり、元金と利息で組み合わせた金額が一定であるということです。10万円以下であれば4000円、10万円を超えて20万円以下であれば8000円などとなり、50万円以下の場合は13000円となります。20万円超と40万円以下では11000円と変わりませんが、少額であるほど返済金額の伸びが大きいことが分かります。消費者金融で一般的に採用されている残高スライド方式ですが、注目点は借入残高です。残高が1000円でも超えると返済金額はぐんと上がる点です。そこでモビットの返済方法の一つとして、借入残高で定められる約定返済金額にこだわらず、それを超える一定の金額を返済に充てることです。残高スライドは約定金額をクリアすれば問題はないのですが、返済金額が少ないということは元金充当も少ないということです。そのため、モビットでは毎月の返済金額からシミュレーションできます。支払いがラクな分、返済回数は長くなる、それを避けるのであれば常に約定金額以上を返済に充てることをおすすめします。

モビットでは10秒審査で結果が分かります。

モビットでは、お金を借りたいと思った際、申し込みをしてから10秒審査で結果が分かります。様々な情報などにすぐさまアクセスをしたり、他社での申込みの結果などを見て総合的に判断をすることになりますが、モビットの場合、初めてのお客様でも基本的に10秒審査でお金を貸すことができるかどうかの判断をします。やはり、年収などを見るだけでなく、仕事の状況やまた携帯電話、クレジットカードの支払い状況などを考慮したうえで、お金を貸すことができるかどうかを総合的に判断を下すことになります。ですが、モビットの場合、そういったところの情報もすぐさま見ることができるようになっているので、初めて申し込みをした人でも10秒審査ですぐに結果が分かり、融資ができるかどうかの判断を下すということになります。また、他の会社ですでに申し込みをしているが、断られている場合などでも、同じような結果になることがあるので、判断はより早く出るといえます。